空き枠確認 資料請求はコチラ facebookをチェック!

合宿免許の入校までの流れ

合宿免許への入校までの流れ

アップルライセンスの合宿免許なら、短期間で確実に安心のコミコミ料金にて免許取得OK!!
運転免許の取得なら、教習所直営の受付センター「合宿免許のアップルライセンス」へ。
このページでは合宿免許に実際に入校するまでのお申し込み手順をご案内しています。

合宿免許における入校資格のご確認

免許を取る為には下記の条件を満たしていなくてはなりません。
まずは入校資格の条件を満たしているか確認しましょう。

車種 普通二輪 大型二輪 普通一種 大型特殊 中型一種 けん引 大型一種 普通二種
中型二種
大型二種
年齢 満16歳
以上
満18歳
以上
満18歳
以上
満18歳
以上
満20歳
以上
満18歳
以上
満21歳
以上
満21歳
以上
視力 両眼で0.7以上、片眼で0.3以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)。
両眼で0.8以上、片眼で0.5以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)。
深視力 - 深視力検査において誤差値が2cm以内であること。
色彩
識別
交通信号機の色の識別が出来ること。
聴力
10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む)。
障害をお持ちの方は、事前にご相談ください。 10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む)。 補聴器を使用しないで10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること。
運動
能力
二輪車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。 身体に障害をお持ちの方は、事前に各都道府県の運転免許試験場 (運転適性相談窓口)にて、 適性相談をお受けください。 自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。
その他 ※中型(一種)は普通免許か大型特殊免許を受けていた期間が通算して2年以上である必要があります。
※大型(一種)は普通車普通免許・中型自動車免許か大型特殊免許を受けていた期間が通算して、
3年以上である必要があります。
※第二種免許は普通、中型、大型とも21歳以上、運転経歴3年以上の経験が必要です。
※失効等で免許証の経歴必要年数に満たない方は経歴証明書が必要です。

合宿免許で取得希望の免許・教習所の検討

取得条件を満たしていることを確認したら、当サイトの
「取りたい免許から探す」、「地域エリアから探す」より取得希望の免許、教習所をご検討ください。

合宿免許に入校のお申込み

お申し込みはとても簡単!
希望の免許・教習所が決まったら、入校申込みフォーム、またはお電話、
FAX(24時間受付)のいずれかにてお申し込み下さい。

合宿免許のアップルライセンスより予約内容確認書の返送

お申し込みをいただいたお客様へ、こちらからお電話にてご説明のご連絡をいたします。
その後、アップルライセンスよりお客様へ「予約内容確認書」を返送いたします。

合宿免許の教習料金のお支払い

【銀行振込みの場合】
振込先
銀行名 三井住友銀行(0009)
支店名 池袋東口支店(671)
口座番号 普通預金 8547686
口座名義 アップルライセンス予約センター

※お振込み手数料はお客様のご負担でお願い申し上げます。

【ローン希望の場合】
予約内容確認書と一緒に、こちらよりローン用紙をお送り致します。
必要個所にご記入いただき、こちらへ返送していただき、審査となります。

合宿免許の入校に必要な書類などの準備

合宿免許のご予約が済んだら、次は持ち物の確認。忘れ物がないようチェックしましょう。

住民票 個人番号(マイナンバー)の記載の無い、本籍地が記載してあるもの。(運転免許を持っている場合は免許を提示)
運転
免許証

ICカード運転免許証をお持ちの方は以下の書類が必要です。

  1. ICカード免許証+個人番号(マイナンバー)の記載の無い、本籍地記載の住民票(発行日から3ヶ月以内)が必要となります。
  2. ICカード免許証+個人番号(マイナンバー)の記載の無い、本籍地記載住民票の住所が一致していなければ、入所する前に免許住所を(各都道府県の免許センターにて)変更し、一致させてください。
  3. 免許住所・住民票について。卒業後本免試験を受験し、免許証の交付を受けたい住所地となっていなければ、あらかじめ変更していただく必要があります。
    外国籍の方へ
印鑑 シャチハタは認められません。
その他 必要な人はメガネ・コンタクトレンズ。筆記用具。身の回りのもの。

合宿免許の教習所へ入校

さあ、いよいよスタートです!がんばって免許を取得しましょう!

合宿免許のメリット

  • 短期間で免許取得!
  • 一定期間、教習所に滞在しながら教習を受けますので、毎日教習を受けれる分、短期間で卒業が可能です。通学で教習所に通うとなると、どうしても1ヶ月〜2ヶ月はかかりますので(普通車)、短期間での卒業は難しいです。
  • 安心のコミコミ料金!
  • 合宿免許のアップルライセンスでご紹介している直営校は、教習料金・検定料、宿泊費、食事代が全てパックになった合宿免許料金です。宿泊費と食事代が付いて通学料金より安く取得できますので、夏休み・冬休みといった学生さんの長期休みの期間は予約が殺到しています。
  • 小旅行気分を味わおう!
  • 合宿免許は自宅から離れた場所で、滞在しながらの教習ですので、いつもと違う環境にふれあえます。毎日教習を受けるからといっても、朝から晩までずっと教習があるわけではありませんので安心してください。二段階目に入りますと、比較的自由な時間が出てきます。その時間を使って、観光に出かけてみましょう! ご当地グルメなどを探すのも合宿免許ならではの楽しい時間のはずです。

運転免許に関する豆知識

  • 運転者の心得!
  • 教習所に通うことが決まると1日でも早く運転免許を取りたい! という気持ちでいっぱいになると思います。しかし、忘れてはならないことがあります。道路は、クルマだけが利用するものではありません。

    歩行者や自転車など、みんなが利用するとろこです。そのため、クルマを運転するときは皆が安全で快適に通行できるようにしましょう。
  • 自動車保険などの準備
  • 運転者は、万一の場合に備えて自動車保険に加入したり、応急救護処置(交通事故の現場で、その負傷者を救護するために必要な応急処置)に必要な知識を身につけたり、救護用具を備えつけたりするなど平素から十分な用意をしておきましょう。

    自動車保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

    「自賠責保険」は、全ての自動車(車、バイク)を運転する場合は、絶対に加入しておかなければならない保険です。これは、「自動車損害賠償保障法」という法律で決められているもので、もし、自賠責保険に入っていない未加入の場合は厳しい罰則があるので自賠責保険は必ず入るものです。「任意保険」は、加入する・加入しないは各人が自由に決めれる保険です。実際問題、事故を起こしてしまった場合は「自賠責保険」だけでは不足する場合が多く、任意保険にも加入するのが一般的です。任意保険はの補償範囲、適用範囲は、各保険会社のサービスが異なりますので、比較検討する必要がありそうです。

運転者の心得!安全で快適に運転するためのキソのキソ

合宿免許で取得できる免許一覧

あると便利な持ち物リスト

ドライバーの就職・転職